スキルアップ

webライターとweb デザイナーの違いは?初心者にはどっちがおすすめか解説

web関係の仕事は世の中に多く存在します。
デジタルマーケター、webマーケター、webライター、webデザイナーなどなど。。。

デジタル業界、web界隈は必要とされる知識も多く思われているため、未経験が参入しにくい分野と思われがちですが、実はそんなこともありません。

わたしは未経験で副業を始め、最高月収25万円を達成しました
Gooayu

でもどの職種がどんなことをするのかなかなかわからないですよね。

マネ子
時間がない私でもできるのはどれ?

この記事では、初心者でも参入しやすいwebライターとwebデザイナーの仕事について、その違いや、初心者にはどちらがおすすめか解説します。

この記事を書いているGooayu
✓1歳児ワーママブロガー&ライター
✓本業はデジタルマーケター
✓副業開始6か月目で最高月収25万円を達成
Gooayu

webデザイナーとwebライターの違いとは

早速webデザイナーとwebライターの違いについて解説します。

webデザイナーの仕事

webデザイナーの仕事を簡単に説明すると、クライアントのwebサイトをデザインすることです。
通常のデザイナーとの違いはwebサイトの特性を理解する必要があり、基本的な技術的スキルを要することです。
センスだけではなく、サイト制作に必要な知識やスキルが求められます。

仕事の流れは以下のような流れで行われます。

webデザイナーの仕事の流れ

  1. webサイトの構成とレイアウト決定
  2. webサイトデザイン
  3. コーディング

webライターの仕事

webライターは、webサイトに掲載する記事や商品紹介文、広告の文章など、幅広い分野の文章やコピーをライティングすることです。

通常のライターや書き物をする作家との違いは、上位表示させるためのSEOの知識が必要ですが、1記事あたりの文字数が本と比較すると少ないことが特徴です。

参考webマーケターになるには?仕事内容やスキル・資格、養成スクールをデジタルマーケターの私が解説

webマーケター、マーケティング、デジタルマーケティング… マーケティングに関連する似た言葉が多く、その違いがわからない、結局自分は何が向いているのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 こ ...

続きを見る

webデザイナーとwebライターの必要スキルの違い

ここではwebデザイナーとwebライターの必要スキルの違いについて解説します。

webデザイナーに必要なスキル

仕事の工程順にwebデザイナーに必要なスキルを解説します。

工程必要スキル
webサイトの構成とレイアウト決定Adobe XD、イラストレーター、Photoshopなど
webサイトデザインAdobe XD、イラストレーター、Photoshopなど
コーディングHTML, CSS, JavaScriptなど
マネ子
一見スキルが多そうだし、専門知識が必要そうね…
webデザイナーは確かに必要な専門知識も多いけど、webデザイナースクールには、SHElikesFammママwebデザイナースクールなどwebデザイナーに特化したスクールもあるし、一度身に着けてしまえばその知識は一生ものになるよ
Gooayu

webライターに必要なスキル

仕事の工程順にwebライターに必要なスキルを解説します。

ここではあくまで一般的な仕事の工程順であり、依頼内容によって工程が異なる場合があります。

工程必要スキル
テーマ出し・キーワード選定自分の得意分野、SEO知識など
構成SEO知識
執筆ワードやGoogle docのスキル、タイピングスキル
(校正)ファクトチェック
修正ワードやGoogle docのスキル、タイピングスキル
校正は基本別の人が担当していて、修正指示を出してくれるよ
Gooayu
マネ子
SEO知識なんてないし、難しそう…
一見難しそうだけど、マニュアルがある場合や、キーワードなど指定がない場合もあるので初めての場合は簡単そうな案件からスタートすると良いよ!
Gooayu

webデザイナーとwebライター結論どっちがおすすめ?

それではwebデザイナーとwebライターどっちがおすすめか、さまざまな角度から比較します。

収入面

webデザイナーwebライター
平均360万円平均300万円

上記はフリーランスの場合の年収比較です。

フリーランスの場合、記載の平均年収以上稼ぐことができる人もいますが、逆に稼げない人もいます。
収入の差に違いが出る理由は能力の差だけではなく、実は営業力の差が大きいです。

webライターの300万円を稼ぐためには、月収25万円です。
私の経験談で月収25万円を達成できたのは、ある程度文字単価が上がってからです。

webデザイナーにせよwebライターにせよ、ある程度リピーターのクライアントが見つかってからのほうが
安定した収入が見込めます。

webライター・webデザイナースキルを身に着けるためには

webデザイナーでもwebスクールでもスクールがあります。
全く何からしたらよいかわからない、どうやって案件を取ったら良いか分からない…などの場合は
初期投資があったとしてもスクールを利用することをおすすめします。

大体スクールは20万円~30万円程度で通えるところが多いです。
一見高く見えますが、先ほどの年収を考えると1~1か月半程度で回収することができます。

webデザイナースクール

webデザイナースクールには、SHElikesFammママwebデザイナースクールなどがあります。
特にFammはベビーシッターが利用できたり子育てママにもおすすめのスクールです。

Famm webデザイナースクールに行って本当に稼げるのか検証記事の詳細はこちらをご覧ください。

こちらもCHECK

Famm webデザイナースクールの口コミ・評判を副業で25万円達成した私が検証!元は取れる?

ママ専用スクールとして誕生した「Fammママwebデザイナースクール」。 ママが勉強している間はベビーシッターは無料紹介のため学習に集中できる、まさに忙しいママのためのデザインスクールです。 この記事 ...

続きを見る

また、デジタルハリウッド STUDIOはコンサルタントによる手厚い転職支援を受けることが可能ですのでフリーランスとして独立したい人にもおすすめです。

webライタースクール

webライターを学べるスクールはいくつかありますが、
SEOライティングに特化したスクールとwebマーケティングを総合的に学ぶことができるスクールの2種類があります。

ライティングに特化したスクールの場合、授業料を抑えながらもスキルを学ぶことができます。
サービス名からもわかるようにWritingHackswebライティングに特化したスクールです。

コンバジョニスタWEBMARKSはwebマーケターに必要なスキルを総合的に学ぶことができます。
将来的にウェブマーケティングの仕事に転職を検討する場合は、総合的なスクールでスキルを身に着けることもおすすめです。

webデザイナーやwebライターとして活躍するためには

webデザイナーやwebライターとしてスキルを身に着けても、その後案件受注が必要になります。

中には案件受注までサポートしてくれるFammママwebデザイナースクールのような良心的なスクールもあります。
もし、営業方法に自信がない場合はそのようなスクールを利用してみても良いかもしれません。

自身でクライアントを発掘する場合は、Lancersなどのクラウドソーシングがおすすめです。
登録も無料なので、まずは登録して、案件を取っていくことから始めてみるのもおすすめです。

踏み出さなければ何も始まりません。
まずはどのような案件があるかLancersなどで確認して、必要なスキルに応じてスクール選びをすることをおすすめします。

スクール無料相談はこちら

 

-スキルアップ

© 2021 自分磨きラボ with Gooayuぐーあゆ Powered by AFFINGER5