マネー

Square Terminal(スクエアターミナル)の口コミや評判が本当か徹底解説!キャッシュレス決済は導入すべき?

キャッシュレス決済キャンペーンやマイナポイントの後押しもあり、IT遅れで後ろ指を指されていた日本にもようやくキャッシュレスが普及してきました。

キャッシュレス決済を導入したいと思っても、どの機器を導入すべきか悩む店舗オーナーや自営業の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、キャッシュレス決済の主要機器を比較し『Square Terminal(スクエアターミナル)』をご紹介します。

スクエアターミナル(Square Terminal)日本版キャッシュレス決済の手数料・導入費用ハードルなど徹底比較

※この記事には一部PRが含まれます

キャッシュレス決済機器を導入しないと3割のお客さんを逃がす

Square社とMMD研究所のデータによると、
一般のキャッシュレス利用者のうち30%が現金のみ対応の店舗の来店をやめた、というデータがあります。

キャッシュレスキャンペーンだけでなく、いまや新型ウィルスなどの懸念もあり、金銭授受によるウィルス感染を予防する意識もあり、キャッシュレス決済に追い風が来ています。

しかし、逆に乗り遅れてしまうと30%のお客さまを逃してしまう、ということになるのです。

一方、事業者や店舗オーナーはキャッシュレス決済導入可否で店舗を選ぶことが少なく、お客さま自身の環境変化に気づきにくいというデータもあります。

「うちはキャッシュレス決済を導入しなくても大丈夫」なんて思っていませんか?
Gooayu

Square Terminal(スクエアターミナル)を導入するオーナーさんの口コミや評判

端末1つで使えるところや、領収書の手書きも必要なしで店舗オペレーションの軽減になったオーナーさんの声は説得力があります。
Gooayu

無線端末になって席でお会計することもできるようになったオーナーさんも。

混雑も避けられる副次的な効果もあるんですね~

Gooayu

Square Terminal(スクエアターミナル)を選ぶべき理由

  1. POSレジ不要、Square Terminal(スクエアターミナル)1台ですぐに始められる
  2. 初期費用がお得
  3. 最短1日で始められる、入金も最短翌営業日
  4. 購入後 30 日以内なら使用後も返品無料

理由1:POSレジ不要、Square Terminal(スクエアターミナル)1台ですぐに始められる

他のキャッシュレス決済端末の場合、POS レジアプリを使うためのタブレット・スマートフォン、レシートプリンターなどが必要です。
全て揃えると10万円以上の初期費用が必要になってしまいます。

しかし、Square Terminal(スクエアターミナル)は、タッチスクリーンとレシートプリンター搭載の一体型コードレス決済端末なので、これ1台で良いのです。

理由2:初期費用がお得

Square Terminal(スクエアターミナル)は、1台導入するだけですぐにキャッシュレス決済が導入できるため、初期費用は機器代の\46,980のみです。

一方、レシートプリンター内蔵型のカード決済端末と比較すると、アプリをインストールするための端末代などに費用がかかるため、9~10万円程度の初期費用が必要です。

4~6万円もSquare Terminal(スクエアターミナル)の方がお得に導入することができます。

理由3:最短1日で始められる、入金も最短翌営業日

アプリのインストールも不要で、プリンターとの接続も必要ないので、すぐに使うことができます。

スマートフォン・タブレットを持っていない、使い慣れていない事業者さんにもおすすめ!
Gooayu

理由4:購入後 30 日以内なら返品無料

Square Terminal(スクエアターミナル)は使ったとしても購入後30日以内なら返品無料です。

試しにキャッシュレス決済がどんなものか試してみたい事業者さんには良いですね。

 

Square Terminal(スクエアターミナル)のよくある質問

マネ子
Q:導入費用はいくら?

A: Square Terminal の本体価格(税込 46,980 円)以外で初期費用はかかりません。

また、長期契約費、解約手数料、振込手数料、払戻手数料、明細出力費用、PCIDSS 対策費用、カード種類による追加費用などもかかりません

Gooayu

QUICPay、iD→3.75%、
JCB→3.95%

スクエアターミナル(Square Terminal)キャッシュレス決済の手数料は以下の記事で詳細を解説しています。

スクエアターミナル(Square Terminal)日本版キャッシュレス決済の手数料・導入費用ハードルなど徹底比較

[/st-kaiwa1]

マネ子
Q:レシートプリンターにインクは必要?
A:不要です
Gooayu
マネ子
Q:設定にかかる時間は?

A:

電源を入れ、インターネットに接続し、お持ちの Square アカウントにログインをすれば、すぐにキャッシュレス決済を受け付けられます。
レシート用紙のセットも簡単にできるので、早ければ数分で使えるようになります

Gooayu
マネ子
Q:インターネット接続が不安定な場合は?

A:

Square Terminal は Wi-Fi 経由とイーサネット経由の 2 種類の方法でインターネットに接続できます。
Wi-Fiが不安定な場合はイーサネットをご利用ください。
ただし、イーサネットの利用には、Square Terminal 用ハブ(別売)が必要です。

Gooayu
マネ子
Q:クレジットカード決済の際、暗証番号の入力は可能?
A:可能です。
IC チップ付きクレジットカード決済では、お客様に暗証番号(PIN コード)を入力していただきます。
Gooayu
マネ子
Q:返品は可能?
A:使用済みでも、満足しなかったら商品到着後 30 日以内に限り返品・返金OKです。
Gooayu

他キャッシュレス決済機器との比較

最後に他のキャッシュレス決済機器との比較一覧を掲載します。

初期費用はもちろん、決済手数料が高いと導入するメリットはありません。
しかし、他のキャッシュレス決済機器と比較しても、Square Terminal の決済手数料は競合力のある手数料と言えます。

JCBの手数料が他の機器と比較すると高いですが、AMEXやDiners,Discoverが安い分、幅広いクレジットカードユーザーを受け入れることができますね。

Square Terminalの申し込みはこちら

スクエアターミナル(Square Terminal)日本版キャッシュレス決済の手数料・導入費用ハードルなど徹底比較

まとめ

この記事ではキャッシュレス決済機器「Square Terminal(スクエアターミナル)」をご紹介しました。
キャッシュレス決済を導入していない店舗は30%のお客さまが来店を諦めてしまうデータがあります。

即日利用できることや、初期費用の安さなどから一度『Square Terminal(スクエアターミナル)』を導入検討してみてることをおすすめします。

満足できなかった場合でも30日間であれば返品・返金無料です。ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

Square Terminalの申し込みはこちら

マネ子
Q:対応しているクレジットカードや電子マネーは?
A:主要ブランドのクレジットカード(海外発行カードを含む)とデビットカード、電子マネーが利用可能です。
Gooayu
マネ子
Q:決済手数料は?

A:決済手数料は以下の通りです。

Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover、各種交通系 IC →3.25%

QUICPay、iD→3.75%、
JCB→3.95%

スクエアターミナル(Square Terminal)キャッシュレス決済の手数料は以下の記事で詳細を解説しています。

スクエアターミナル(Square Terminal)日本版キャッシュレス決済の手数料・導入費用ハードルなど徹底比較

Gooayu
マネ子
Q:レシートプリンターにインクは必要?
A:不要です
Gooayu
マネ子
Q:設定にかかる時間は?

A:

電源を入れ、インターネットに接続し、お持ちの Square アカウントにログインをすれば、すぐにキャッシュレス決済を受け付けられます。
レシート用紙のセットも簡単にできるので、早ければ数分で使えるようになります

Gooayu
マネ子
Q:インターネット接続が不安定な場合は?

A:

Square Terminal は Wi-Fi 経由とイーサネット経由の 2 種類の方法でインターネットに接続できます。
Wi-Fiが不安定な場合はイーサネットをご利用ください。
ただし、イーサネットの利用には、Square Terminal 用ハブ(別売)が必要です。

Gooayu
マネ子
Q:クレジットカード決済の際、暗証番号の入力は可能?
A:可能です。
IC チップ付きクレジットカード決済では、お客様に暗証番号(PIN コード)を入力していただきます。
Gooayu
マネ子
Q:返品は可能?
A:使用済みでも、満足しなかったら商品到着後 30 日以内に限り返品・返金OKです。
Gooayu

他キャッシュレス決済機器との比較

最後に他のキャッシュレス決済機器との比較一覧を掲載します。

初期費用はもちろん、決済手数料が高いと導入するメリットはありません。
しかし、他のキャッシュレス決済機器と比較しても、Square Terminal の決済手数料は競合力のある手数料と言えます。

JCBの手数料が他の機器と比較すると高いですが、AMEXやDiners,Discoverが安い分、幅広いクレジットカードユーザーを受け入れることができますね。

Square Terminalの申し込みはこちら

スクエアターミナル(Square Terminal)日本版キャッシュレス決済の手数料・導入費用ハードルなど徹底比較

まとめ

この記事ではキャッシュレス決済機器「Square Terminal(スクエアターミナル)」をご紹介しました。
キャッシュレス決済を導入していない店舗は30%のお客さまが来店を諦めてしまうデータがあります。

即日利用できることや、初期費用の安さなどから一度『Square Terminal(スクエアターミナル)』を導入検討してみてることをおすすめします。

満足できなかった場合でも30日間であれば返品・返金無料です。ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

Square Terminalの申し込みはこちら

-マネー

© 2021 自分磨きラボ with Gooayuぐーあゆ Powered by AFFINGER5